【金融の仕組み】金融政策などの仕組みを理解するとマネー生活も豊かになる

今の現代社会において、お金がなければ生きていくことはできません。お金があるからこそ、ご飯を食べることができ、家に住むことができ、毎日着る服にも困らないわけです。

ただ、そんなお金を円滑に利用することができるのは、金融が成り立っているからこそできることなのです。そんな金融仕組みの基礎について、学んでみるのも面白いと思います。

金融とは一体どういったものなのか

金融というのは、簡単に言えばお金がたくさんあるところから、不足しているところへと融通することを意味します。それによって、お金の過不足のバランスを調整し、経済状況を円滑化することができるのです。

例えば、ある企業が事業を起こすために、銀行からお金を借りるとします。それが成功すれば、企業側は大きな利益を得ることができますし、銀行側は返済額に利息分を加えることができるので、それによって儲けを得ることができるわけです。

金融というのは、このようにお金がたくさんある場所から、一時的に不足している場所へと融通することで、世の中を成り立たせることが可能となるのです。

利益をたくさん得られた企業は、それによって更なる事業の拡大を行うことができるので、動くお金も大きくなって経済の活性化へと繋がるのです。

金融には直接金融と間接金融が存在する

金融仕組みとして、大きく分けると直接金融と間接金融の2種類が存在しています。直接金融は、お金を借りる人と貸す人、両者の間に第三者を挟まずに取引することになります。例えば株取引では、購入者が企業の株を購入することによって、直接結びつく形となるわけですから、直接金融となるわけです。

一方で間接金融では、借りる人と貸す人との間に、第三者が介入することになります。その典型例とも言えるのが預金で、銀行が企業にお金を融資する際に、預金者のお金を運用することになります。

そして、企業から支払われる利子によって儲けを得ることになるわけです。株取引と違って元本割れが生じる可能性が低い一方で、思い通りの利益を受けることは難しい一面があります。

金融機関の存在を欠かすことができない

金融仕組みにおいて、金融機関の存在を欠かすことができません。この機関がなけば、円滑にお金を動かすことができないので、経済が停滞してしまうことになるのです。

さて、金融機関の役割として、大きく分けると2種類があります。1つはお金がたくさんある場所や余っているところから集めること、もう1つはお金不足しているところに融通すること、この2つとなっています。例えば銀行は、たくさんの人に預金をしてもらって、そのお金でいろんな企業に融資をすることになるわけです。

広告PR
即日お金コムからamazonギフト券買取をしてみませんか

銀行以外にも、信用組合、証券会社、保険会社なども、方法は違えど同じような形で金融業を行うことになります。これによって、経済の活性化と景気の底上げを行うことができるのです。

金融市場と金融商品の2つが大きな根幹を担う

金融市場は、お金を借りたいと思っている人と、お金を貸したいと思っている人が取引をする場所を意味します。銀行が企業や個人にお金を融資したり、債券の発行をしたり、企業が株を売ったりするなど、金融取引が行われる場所こそがまさに金融市場なのです。

金融商品は、お金を増やすために必要となる物や手段を意味します。銀行への預金、株券の購入、投資信託、債券や社債などがありますが、基本的には融資か投資のいずれかとなります。

この2つが金融において大きな根幹を担っており、日本経済を動かす上で欠かすことができない存在なのです。